フルハーネス型墜落制止用器具特別教育講師養成研修講座

D01
D01 D01 D01

講師養成研修講座:フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

(D01)

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育講師養成研修講座

法令の改正により、2019年2月から施行された、
フルハーネス型墜落制止用器具を用いる労働者に対して、
フルハーネス型墜落制止用器具に関する知識等を教える労働者教育(特別教育)が必要とされています。
この講座は、フルハーネス型墜落制止用器具を使用する労働者に対して、
特別教育を担当する講師に必要な知識を学ぶための講師養成研修講座です。

【1】受講方法

① 学科研修に関しては、スマートフォン(以下スマホと表示)で受講して頂きます。
墜落性制御器具に関する知識の再理解や効果的な教育方法について習得して頂きます。

② 学科研修は、技術研修参加日までには受講終了をして下さい。
(技術研修参加者は、学科研修の受講修了者の方です。)

③ 技術研修に関しては、会場にて数名単位で、異なる形状の墜落制止用器具を各人に装着しての経験をして頂きます。
また、同時に墜落時の疑似体験を経験して頂き、今後の指導に役立てて頂きます。

【2】学科研修内容

◆ 学科修得時間:約5時間

第1章 作業に関する知識
第1節 序論
第2節 作業に用いる設備の種類、構造及び取扱い方法
第3節 作業に用いる設備の点検及び整備の方法
第2章 墜落制止用器具に関する知識
第1節 フルハーネス型及びランヤードの種類及び構造
第2節 墜落制止用器具の使用方法
第3節 墜落制止用器具の点検及び整備の方法整備の方法
第4節 墜落制止用器具の使用方法
第3章 労働災害の防止に関する知識
第1節 墜落による労働災害の防止のための措置
第2節 落下物による危険防止のための措置
第3節 感電防止のための措置
第4節 保護帽並びに安全靴
第5節 節事故発生時の措置
第6節 災害事例
第4章 関係法令
第1節 安全衛生関係法令

【3】技術研修 日程・場所

本講座は、eラーニングとリアル講習(実技)があります。

◆技術研修時間(リアル講習):1.5時間

リアル講習会場

TRC(株式会社東京流通センター)
東京都大田区平和島6-1-1

日程

受講者人数の動向をみて決定します。

10月以降、月2回開催予定。(詳細日時は別途掲載)

【4】受講定員

各回の定員は、技術研修内容に順じて概ね16名程度といたします。

【5】 申込期限

各技術研修開催日の2週間前。
なお、定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。

【6】 研修講座費用

40,000円(消費税10%含む)

【7】 その他受講時の留意事項

  1. 服装等
    技術研修時には、作業服 ・安全靴 ・ヘルメット等をご用意ください。
  2. 携行品
    筆記用具

【8】 その他

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育講師養成研修講座を受講修了された方には、労働安全衛生法第59条第3項、労働安全衛生規則第36条第41号に基づく特別教育を受講修了した修了証並びに講師養成研修講座修了書を交付します。
尚、特別教育修了証には、写真を貼りますので、事前に写真をご提出ください。
また、スマホで受講された資料(Power Point:CD)は技術研修終了時に無料で配布致しますので、講習指導時にご活用ください。

在庫状態 : 講座申込受付中
¥40,000
数量